薄毛治療にステロイドを使用するケース

薄毛に悩む人は年々増加の一途をたどっていますが、昔に比べて現在はかなり多くの人が、薄毛や抜け毛で(男女問わずに)悩んでいます。

そこで今回はステロイドを使用するケースを中心にお話させていただきます。

ステロイド治療は、アトピー性皮膚炎などの炎症を抑える成分として利用されていまが、ステロイドによる薄毛治療には賛否両論が言われています。

ステロイドによる治療では頭皮の炎症を抑えるという目的で利用されています。ステロイドには、炎症を鎮める効果のみならず、副作用からの増毛効果があるとされています。

従って、ステロイドは市販の増毛剤や、薄毛予防の育毛剤などに配合されています。しかし、ステロイドは大変強い成分であるので、増毛後のリバウンドがあるということが報告されています。

ここで言う「リバウンド」とは、ステロイドを使い始め初期で目覚ましい効果が表れるものの、ステロイドの刺激が強すぎるので、増毛後に再び脱毛を誘発してしまうということです。

最悪のケースになると、毛根そのものに決定的なダメージを受けてしまい、発毛さえ出来なくなってしまうことも懸念されます。

ですから、ステロイドを使うのは慎重に考えた方が良さそうです。

そもそも、薄毛の理由として考えられるのは食品添加物の氾濫、不規則な生活習慣、ストレスの増加などが原因です。それらさまざまな原因が複合的に合わさりあって抜け毛や薄毛をもたらしています。

薄毛の原因として最も直接的な原因として語られているのは「ホルモンバランスの乱れ」です。

一般的に男性ホルモンが多すぎると前頭部と頭頂部の髪の毛は抜けやすく、その代わりに手足などの体毛が増えると言われています。

その一方、女性ホルモンが多いと前頭部と頭頂部の髪の毛は抜けにくいと言われています。

実は 頭部の両側と後頭部は全く別のホルモンで支配される、そのホルモンとは甲状腺ホルモンです。甲状腺ホルモンの亢進しすぎと 或いは不足しすぎると 眉毛外側と側頭部、後頭部の頭髪が薄くなるです。

また、避妊薬やカラーリングやパーマを頻繁に使用することで頭皮を弱らせ、毛根を疲弊させてしまうことが原因になるということも報告されています。

このほか、ホルモン剤の使用、ステロイド注射、過剰なダイエット、薬用シャンプー、育毛剤での過剰な刺激で薄毛はダメージを被ります。とりわけステロイドは大変危険だと考えられています。

また、仕事や人間関係などのストレスによる薄毛と脱毛は顕著にあらわれます。これは、対人関係の悩み事や、環境によるストレスのように、精神的な悩み事がある場合に薄毛や脱毛は起きやすいからです。

かといって精神科などの医療施設に通ったところで間違いなく無駄な(飲まなくてもいい薬)が処方され、それらの薬は実に多くの副作用を持つため、無駄足を踏むどころか、ジャンキー同然にされてしまうリスクが伴います。精神科に通うのはなるべく避けるのが賢明です。

話は少しそれますが、もしもあなたが境界線人格障害ほどの難病にかかっているのであれば話は別です。境界線人格障害の人は必ず病院に行って下さい。

これはまず生活環境を変えたり、ココロのケアを行うカウンセリングなどが必要になってきます。

薄毛や脱毛でお悩みの方は、食生活で野菜や魚介物などを多く摂取するように心がけましょう。もちろん衛生面でのケアーは忘れないようにいたしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>