薄毛治療、将来はどうなっていく?

薄毛治療の将来的な展望として期待されることに「IPS細胞」が考えられます。それらの実験は既に行われており、希望的な実験結果が出ております。

以下はその報告です。

大山学慶応大学専任講師らの研究チームは、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を用いて毛根を作り出す組織「毛根」を部分的に再生させることに成功したことを、米科学誌の電子版に発表しました。

この結果から、研究チームは「脱毛症の治療や、育毛剤の開発につながるだろう」としています。

研究チームは、先ず人のiPS細胞を、皮膚になる手前の紐胞に変化させて、さらに皮膚細胞に毛包を作るように働きかける「毛乳頭」の代わりに、同様の力を持つ若いマウスの皮膚細胞を、皮膚になる前の細胞に混合し、マウスに移植したところ、マウスとヒトの細胞が混ざった毛包の組織と毛髪ができたことを確認しています。

 

その他、付け加えるとしたら、薄毛治療で効果が表れるまでには個人差があるということはもう、皆さんはご存じかと思いますが、「薄毛治療をして将来どのようになりたいか?」ということは、治療前に自分で「治療後の理想のイメージ」をできるだけ具体的に確信しておくと良いでしょう。

例えば、ベストセラー書籍に「引き寄せの法則」という本があります。この「引き寄せの法則」では、自分の理想とする将来を、より具体的にイメージし、そこから理想を実現化するための準備をするプロセスについて語られています。

朝起きたときや、寝る前に未来の理想について真剣に想像します。これは瞑想のようにリラックスした状態で行うことが重要です。

それを毎日、毎日我慢強く続けましょう。何せ、自分の理想の未来を考えることは苦痛な事ではありません。不思議なもので、そのイメージに慣れてくると、自分から自然に理想に近づくための行動を始めるようになります。

そのときの努力は決して苦痛ではありません。もしもそれが少しでも苦痛に思われるとしたら、それは順序を飛び越えているか、やり方が間違っていることになりますので、その時は一歩前に戻って、自分で行動を導くところから始めます。

この「引き寄せの法則」は、単なる「他力本願」ではありません。「思い描いているだけで理想が現実化するなんて、そんなうまい話なんてあるはずがない」などと疑ってかかると「引き寄せの法則」は機能しません。

信じ込んだら一切の疑いを捨て、その理想実現に必要な手がかりに身を委ねてみるのです。

未来の自分は「今」と「今」の積み重ねです。ということは、初志貫徹すだけです。

最近の脳機能化学者であり、コーチング、脱洗脳、世界情勢、経済学、原理仏教など、あらゆる分野で活躍されている苫米地英人氏の書籍にも上記に挙げた内容がくまなく書かれています。

そこで彼はこう言っています。

「私たちは子供の頃、時間は過去から未来に流れてゆくと教わっていますが、本当は未来から今、今から過去へと時間は流れている」という概念を関数などを用いて証明しています。この斬新な思考法も、この「引き寄せの法則」で解き明かされているプロセスと重なり合う部分が多大にあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>