AGA治療にリスクはあるか?

AGAの治療にリスクはあるのか?ということですが、AGAの治療で考えられるリスクというのは薬剤の副作用が挙げられます。そもそも化学的に作られたものには必ず副作用があります。薬というものには例外なく副作用があるものです。

なので、治療薬を使う前に、「その薬にはどのような副作用があるのか?」ということをご自身で知っておく必要があります。

また、副作用というものは人それぞれにあらわれるものなので、その副作用が自分にどのようにあらわれるかということは千差万別なのです。

副作用は、治療薬を服用してからすぐにあらわれる場合と、使い続けてからしばらく経ってからあらわれることがあるので、治療薬を使い始めたらご自身の体調の変化を記録しておくとよいでしょう。

そして、治療薬を使い始めてから何かしらの変化や何かしらの兆候が見られたら直ぐに担当医に相談しましょう。

さて、「副作用のダメージをどのようにして最小限にとどめるか?」ということを考える際に重要なのは、服用方法・服用量を守るということです。治療薬の場合は、一日一錠の服用と言われていますが、飲み忘れてしまうのはともかく、飲む量を間違えてしまったりしますと、それだけ副作用のリスクは顕著に高まります。これは他の薬も同様です。

何事にも適量というものがあります。なので、服用量はしっかり守りましょう。

特に気をつけておきたい副作用は、女性は妊娠中の女性が胎児に与える影響があります。妊活中の場合はその事を担当医にしっかり伝えましょう。ちなみに、妊娠中の女性はレントゲンも禁避です。男性は性欲が低下するケースがあるようですが、これは個人差があるようです。

その他に、治療薬の副作用で気をつけたいことは、ジェネリック薬品の使用です。

ジェネリック薬品は同じ効用で低価格と言われていますが、まったく効用だとは限りません。これは他のジェネリック医薬品も同様ですがAGAのジェネリック医薬品の場合、検査基準の甘い海外の薬であるということが主な利用のようです。

 

せっかく効果的な治療のチャンスがあるのに、安易な自己判断で失敗しないように副作用のことはなるべく早い段階で担当医や専門の第三者などに相談して、副作用については充分に留意しておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>