薄毛治療で初期脱毛が起きた時の対処法

薄毛治療において初期脱毛の症状に気がいたときはまさに「青天の霹靂」ですよね。鏡を見て自分で気がついたとしてもショックですし、他人に(あるいは彼女などの異性に初期脱毛を指摘されて)気がついたらなんていうのは、とても辛いことですし、たまんないですよね。

そこで、今回は「薄毛の初期脱毛が起きたときの対処法」ついて考えてみましょう。

初期脱毛症状は細毛化がシグナルと言えます。

薄毛初期症状の特徴として「生えてはくるけど育たない」という状態です。原因は男性ホルモンの影響や、頭皮の血行、ストレスや生活習慣などにより大きく左右されます。

また、女性の場合はホルモンバランスが乱れることが原因で生えてこないと言われています。

薄毛の初期脱毛症状で効果的なのは頭皮の血行を良くすることと、充分な栄養を摂取することです。頭皮マッサージなどがそれですね。しかし、頭皮マッサージで改善しやすいのは女性の方が圧倒的に多く、男性の場合は改善が難しいという報告が寄せられています。

育毛剤を使い始めると(人によっては)今まで以上に抜け毛が増え始めるという現象が起こります。これは「初期脱毛」といい、薄毛・脱毛が改善される前兆である場合でもあります。

初期脱毛の期間はおおよそ1か月程度と言われています。そして、この期間が過ぎると抜け毛が改善されて発毛・育毛に転じるという訳です。

初期脱毛は新しい髪が弱った古い髪を破棄するような現象なのです。

初期脱毛は育毛剤の副作用のように思われるかもしれませんが、初期脱毛を怖がる必要はありません。育毛剤をそのまま使い続ける選択肢もあるという訳です。

 

その他、自衛策として考えられることは、シャンプーや

発毛剤を飲み始めると今まで以上に抜け毛が増えるといった現象が起こる場合があります。毛が生えることを期待して発毛剤を使用しているのに、逆に抜け毛がひどくなってしまっては意味が無いと考える方もいるでしょう。

この初期脱毛は薄毛・抜け毛が改善される前兆なのです。初期脱毛の期間はだいたい1ヶ月前後と言われており、この期間が過ぎると抜け毛が激減して発毛・育毛効果を実感できるはずです。

初期脱毛が起こるのは髪が正常なサイクルを取り戻そうとして休止期の髪の毛が一気に抜けてしまったからと考えられます。

髪は通常、成長期→退行期→休止期→脱毛というサイクルを繰り返します。薄毛の人の場合は成長期が短いため、髪が成長しきらない状態で退行期から休止期へと移り、休止期の割合が高くなります。

休止期の髪は抜け落ちるのを待っている状態のため弱々しく、細い毛ばかりになってしまうので薄毛が目立つようになるというわけです。

発毛剤により正常なサイクルに戻る過程で不要となった休止期の髪が抜けてしまうため、初期脱毛という現象が起きるのです。

初期脱毛は副作用と言われることもありますが、発毛剤の効果が出ている証でもあります。したがって、抜け毛が増えたからといって発毛剤を飲むことを止めるのではなく、そのまま飲み続けることが大切です。

トリートメントを頭皮に残さないということです。また、できるだけ早く髪を乾かすことも大切ですね。

とはいっても過度なドライヤーの当て過ぎにも注意が必用です。

自分が薄毛になっていることに気が付いたらまずは専門の医療機関に出向き相談しましょう。その際に食生活などの生活習慣について聞かれると思います。もちろん、不眠や食生活の乱れなどの生活習慣が乱れていれば、当然「そこの部分は改善しましょう」と指導されるでしょう。

また、睡眠時間についても充分に気をつける必要があるでしょう。

例えば、午後10時から翌日の午前2時は体内ホルモンが分泌される「ゴールデンタイム」と言われています。また、自然治癒力が活性化する時間帯だとも言われています。

ということは、午後10時から翌日の午前2時の間には睡眠に入っていることが理想的だといえるのです。

それでも、仕事などの関係で午後10時から翌日の午前2時に睡眠できないという方もおられるでしょう。そういう方は睡眠時間を確保することを心がけましょう。

初期脱毛のサインとなることとして「頭皮のかゆみ」という症状が報告されています。「頭皮のかゆみ」薄毛の初期症状の他に「頭を洗わない」「ポマードやヘアクリーム」などが原因となる場合もあります。

ということは、髪の毛を清潔に保つということがどれだけ大切かよく分かります。

基本的に頭は入浴の際は必ず洗うようにしましょう。頭を洗うのは毎日洗うのが理想的ですが、シャンプーをつけすぎない事も重要となります。シャンプーは「ノンシリコンシャンプー」が理想的です。

ノンシリコンシャンプーの存在は、市販のシャンプーに避妊剤が混入されているということを環境ジャーナリストの船瀬俊介氏などが告発し、現在ではようやく認知され始めてきています。ということで、ノンシリコンシャンプーの存在は、最近では市民権を得るようになりました。

薄毛に気がついたら徹夜で遊ぶような事は止めるようにして、「ゴールデンタイム」となる睡眠を重視した生活を優先するように心がけると良いでしょう。

とにもかくにも「鏡を見たり、友達などから指摘され「薄毛なのかもしれない」と気がついたら、一刻も早く薄毛治療の相談を専門医にすることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>