薄毛治療、最先端の治療法はこれだ

薄毛治療の最先端とはいったいそのようなものがあるでしょうか。ひと昔の意薄毛治療には眉唾物の詐欺まがいな宣伝が横行していました。しかし、現在は化学の進歩とともに薄毛治療は現実的なものとなって来ています。

薄毛治療といえば育毛シャンプーや育毛剤、飲み薬やかつら等、業界市場規模は4000億円を超えると言われています。

現在、AGAは男性で40代までの発生率は30%と言われ、全国では20~69歳の成人男性でおよそ1000万人が薄毛で悩んでいるという報告がされています。

AGAの治療では「プロぺシア」などの飲み薬が一般的ですが、育毛の再生において、直接頭皮に成長因子を注入する方法も効果があるとも確認されています。

ここ数年の育毛治療で最先端と言われているもののひとつに「HARG(ハーグ)療法」というものがあります。

これは注入された成長因子が活性を失った毛母細胞に直接刺激を与えて育毛を促すという治療法です。しかしながら、この注入方法は直接頭に注射針を数か所に刺すので激痛を伴うものです。そのあまりの痛みに耐えられなくなり、治療を途中で断念する患者が後を絶たないということで、新たに登場したのが「ノンニールドガンHARG」です。

そもそも毛根自体を活性化するためには、直接頭皮に成長因子メソセラピー(医療薬を注射器で直接体内に注入する治療法)が効果的だと言われていますが、それだけでは悪さをするホルモンの暴走は止められません。

つまり、メソセラピーと同時に内服薬の服用も必要と言えるのです。とはいうものの、内服だけでは薄毛の予防にはなるものの、活性化を失った毛根に対して再生を誘発する効果はありません。

内服と言っても毛周期を整えるだけでも2か月はかかります。発毛の促進作用を期待するには、最低でも半年は飲み続ける必要があります。

また、内服薬と並行してメソセラピーを行うことが最も望ましい薄毛治療と言われています。

「ノンニードルガンHARG」は従来の頭髪治療のような注射針を使わずに薬剤を注入できるため、恐怖心は最小限に抑えられます。

成長因子にはさまざまな種類がありますが、毛根再生に有効な成長因子(ケラチン細胞増因子・幹細胞増因子・インスリン様成長因子など)を注入し、薄毛治療や発毛を促進します。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>