薄毛治療の治療費ってどのくらい?

薄毛治療の治療費は様々です。それは治療にかかる期間と、治療方法の選択に関係するからです。薄毛治療の薬剤にしても、日本国内で作られているものから、海外から輸入されているものなど、さまざまな種類が氾濫しているからです。なので、治療費は個人差があるのです。

薄毛治療といっても、初期段階での治療でその治療手段・方法が的確であれば、早期に感知できるでしょうから、その分治療費は安く済みます。

その一方、重度の薄毛治療で自分に合う治療方法となかなか巡り会えずに薄毛治療の遍歴を重ね続けていると、その分出費は増えることになります。

まずは担当の医師に予算をよく確認しておく必要があります。また、その支払方法は一括なのか、分割払いがかのうなのかというところも徹底的に確認しましょう。

その中で、予算に応じた治療方法を選んで、なるべくコストカットできるよう医師に相談してみてもいいでしょう。

コストカットの必要がなければ、その分選択肢が増えるということになりますが、結局は治療にかかる期間にもよりますので、薄毛治療にかかる費用というのは一概には判断するのが難しいのです。

薄毛治療でコストカットを望む場合でしたら、ご自身でできる範囲のケア方法がありますので、それを実践してみるとよいでしょう。

たとえば、ビタミンやミネラルなどの栄養素から改善する方法。また、就寝時間をしっかり管理して生活習慣から改善してみるという方法です。

また、人間関係や環境などによるストレスを減らすようにすることも重要ですね。

薄毛治療の治療施設は大きく2つに分類できます。それは、専門外来と一般外来によって治療費は異なります。相場は月額2万円以上だと思ってください。一般外来より専門外来の方が比較的価格は高めに設定されています(例外もありますので、これがすべてではありません)。

また、ホルモン剤などの色々なオプションを用意している治療施設がありますので、患者さんの希望に応じて多くの治療方法が複合する場合も考慮しておくといいでしょう。

自分がどの程度の予算で、どの程度の治療をきぼうすのかということは

、通院する前にしっかりと調べておくようにしましょう。もしも時間があるなら、薄毛治療を施すところをあらかじめピックアップしておいて、直接出向いてみるのが一番だと思います。

受付の対応はどうなのか?料金設定がややこしく複雑ではないか?先生が過去にどれだけ薄毛治療を感知させているのか?治療方法は安全か?評判はどうか?など、調べようと思えばいくらでも調べられるはずです。

薄毛治療にステロイドを使用するケース

薄毛に悩む人は年々増加の一途をたどっていますが、昔に比べて現在はかなり多くの人が、薄毛や抜け毛で(男女問わずに)悩んでいます。

そこで今回はステロイドを使用するケースを中心にお話させていただきます。

ステロイド治療は、アトピー性皮膚炎などの炎症を抑える成分として利用されていまが、ステロイドによる薄毛治療には賛否両論が言われています。

ステロイドによる治療では頭皮の炎症を抑えるという目的で利用されています。ステロイドには、炎症を鎮める効果のみならず、副作用からの増毛効果があるとされています。

従って、ステロイドは市販の増毛剤や、薄毛予防の育毛剤などに配合されています。しかし、ステロイドは大変強い成分であるので、増毛後のリバウンドがあるということが報告されています。

ここで言う「リバウンド」とは、ステロイドを使い始め初期で目覚ましい効果が表れるものの、ステロイドの刺激が強すぎるので、増毛後に再び脱毛を誘発してしまうということです。

最悪のケースになると、毛根そのものに決定的なダメージを受けてしまい、発毛さえ出来なくなってしまうことも懸念されます。

ですから、ステロイドを使うのは慎重に考えた方が良さそうです。

そもそも、薄毛の理由として考えられるのは食品添加物の氾濫、不規則な生活習慣、ストレスの増加などが原因です。それらさまざまな原因が複合的に合わさりあって抜け毛や薄毛をもたらしています。

薄毛の原因として最も直接的な原因として語られているのは「ホルモンバランスの乱れ」です。

一般的に男性ホルモンが多すぎると前頭部と頭頂部の髪の毛は抜けやすく、その代わりに手足などの体毛が増えると言われています。

その一方、女性ホルモンが多いと前頭部と頭頂部の髪の毛は抜けにくいと言われています。

実は 頭部の両側と後頭部は全く別のホルモンで支配される、そのホルモンとは甲状腺ホルモンです。甲状腺ホルモンの亢進しすぎと 或いは不足しすぎると 眉毛外側と側頭部、後頭部の頭髪が薄くなるです。

また、避妊薬やカラーリングやパーマを頻繁に使用することで頭皮を弱らせ、毛根を疲弊させてしまうことが原因になるということも報告されています。

このほか、ホルモン剤の使用、ステロイド注射、過剰なダイエット、薬用シャンプー、育毛剤での過剰な刺激で薄毛はダメージを被ります。とりわけステロイドは大変危険だと考えられています。

また、仕事や人間関係などのストレスによる薄毛と脱毛は顕著にあらわれます。これは、対人関係の悩み事や、環境によるストレスのように、精神的な悩み事がある場合に薄毛や脱毛は起きやすいからです。

かといって精神科などの医療施設に通ったところで間違いなく無駄な(飲まなくてもいい薬)が処方され、それらの薬は実に多くの副作用を持つため、無駄足を踏むどころか、ジャンキー同然にされてしまうリスクが伴います。精神科に通うのはなるべく避けるのが賢明です。

話は少しそれますが、もしもあなたが境界線人格障害ほどの難病にかかっているのであれば話は別です。境界線人格障害の人は必ず病院に行って下さい。

これはまず生活環境を変えたり、ココロのケアを行うカウンセリングなどが必要になってきます。

薄毛や脱毛でお悩みの方は、食生活で野菜や魚介物などを多く摂取するように心がけましょう。もちろん衛生面でのケアーは忘れないようにいたしましょう。

薄毛治療、将来はどうなっていく?

薄毛治療の将来的な展望として期待されることに「IPS細胞」が考えられます。それらの実験は既に行われており、希望的な実験結果が出ております。

以下はその報告です。

大山学慶応大学専任講師らの研究チームは、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を用いて毛根を作り出す組織「毛根」を部分的に再生させることに成功したことを、米科学誌の電子版に発表しました。

この結果から、研究チームは「脱毛症の治療や、育毛剤の開発につながるだろう」としています。

研究チームは、先ず人のiPS細胞を、皮膚になる手前の紐胞に変化させて、さらに皮膚細胞に毛包を作るように働きかける「毛乳頭」の代わりに、同様の力を持つ若いマウスの皮膚細胞を、皮膚になる前の細胞に混合し、マウスに移植したところ、マウスとヒトの細胞が混ざった毛包の組織と毛髪ができたことを確認しています。

 

その他、付け加えるとしたら、薄毛治療で効果が表れるまでには個人差があるということはもう、皆さんはご存じかと思いますが、「薄毛治療をして将来どのようになりたいか?」ということは、治療前に自分で「治療後の理想のイメージ」をできるだけ具体的に確信しておくと良いでしょう。

例えば、ベストセラー書籍に「引き寄せの法則」という本があります。この「引き寄せの法則」では、自分の理想とする将来を、より具体的にイメージし、そこから理想を実現化するための準備をするプロセスについて語られています。

朝起きたときや、寝る前に未来の理想について真剣に想像します。これは瞑想のようにリラックスした状態で行うことが重要です。

それを毎日、毎日我慢強く続けましょう。何せ、自分の理想の未来を考えることは苦痛な事ではありません。不思議なもので、そのイメージに慣れてくると、自分から自然に理想に近づくための行動を始めるようになります。

そのときの努力は決して苦痛ではありません。もしもそれが少しでも苦痛に思われるとしたら、それは順序を飛び越えているか、やり方が間違っていることになりますので、その時は一歩前に戻って、自分で行動を導くところから始めます。

この「引き寄せの法則」は、単なる「他力本願」ではありません。「思い描いているだけで理想が現実化するなんて、そんなうまい話なんてあるはずがない」などと疑ってかかると「引き寄せの法則」は機能しません。

信じ込んだら一切の疑いを捨て、その理想実現に必要な手がかりに身を委ねてみるのです。

未来の自分は「今」と「今」の積み重ねです。ということは、初志貫徹すだけです。

最近の脳機能化学者であり、コーチング、脱洗脳、世界情勢、経済学、原理仏教など、あらゆる分野で活躍されている苫米地英人氏の書籍にも上記に挙げた内容がくまなく書かれています。

そこで彼はこう言っています。

「私たちは子供の頃、時間は過去から未来に流れてゆくと教わっていますが、本当は未来から今、今から過去へと時間は流れている」という概念を関数などを用いて証明しています。この斬新な思考法も、この「引き寄せの法則」で解き明かされているプロセスと重なり合う部分が多大にあるのです。

薄毛治療に最適な考え方

薄毛治療に最適な考え方とは、ズバリ「1度の治療で克服する!」ということです。
どういう意味かお分かりでしょうか?

薄毛治療に最も効くのは、プロペシアとミノキシジルです。これにはもはや異論はありません。
そして、プロペシアとミノキシジルは、使用し始めの最初の1年が最も効果が高いのです。
これらは全て臨床試験で証明されています。

薄毛治療の典型的な失敗例は、
効果のない市販の育毛剤や育毛シャンプーなどを色々試して
改善されずに時間だけが過ぎていくパターンです。

薄毛治療には、効果があれば支払ったお金の意味があリ、
効果がなければいくら安くても支払ったお金が全て無駄になる

といった性質があります。

安く済ませるために効果のない市販の育毛剤を使うのは一番賢くない方法です。
薄毛が改善しない人の多くは、このパターンに陥っています。

一方で薄毛が改善する人の考え方は
お金がかかってもプロペシアとミノキシジルを用いて、しっかりとAGAクリニックに通院する、というものです。結果的に、これが一番安く済むからです。

どこのAGAクリニックを利用すればいいいか分からない方に
どこで薄毛治療をすれば良いかが分かる便利なサイトを紹介します。
是非見てみて下さい。

市販の育毛剤をたくさん使用して、一向に改善せずにその後AGAクリニックで見事に改善された方の熱い体験談が掲載されています。

ハッキリ言って、ブブカやポリピュアEX、M-1育毛ミスト、リバイボゲン、CHAPUP(チャップアップ)  、生薬WAKA 、リッチハーベストローション、薬用プランテル、セファニーズ5αなど、まだまだありますがこれら市販の育毛剤・発毛剤は殆ど効きません!

周りでこれらを使用して薄毛が大幅に改善したか聞いてみてください。そんな人いませんよ、あなたが自分で聞けば分かることです。

しかし薄毛治療施設、AGクリニックに通院して改善する人は数多くいます。プロペシアとミノキシジルとビタミン剤のおかげです!

この違いを知って下さい。失敗はなくなります。

薄毛治療で初期脱毛が起きた時の対処法

薄毛治療において初期脱毛の症状に気がいたときはまさに「青天の霹靂」ですよね。鏡を見て自分で気がついたとしてもショックですし、他人に(あるいは彼女などの異性に初期脱毛を指摘されて)気がついたらなんていうのは、とても辛いことですし、たまんないですよね。

そこで、今回は「薄毛の初期脱毛が起きたときの対処法」ついて考えてみましょう。

初期脱毛症状は細毛化がシグナルと言えます。

薄毛初期症状の特徴として「生えてはくるけど育たない」という状態です。原因は男性ホルモンの影響や、頭皮の血行、ストレスや生活習慣などにより大きく左右されます。

また、女性の場合はホルモンバランスが乱れることが原因で生えてこないと言われています。

薄毛の初期脱毛症状で効果的なのは頭皮の血行を良くすることと、充分な栄養を摂取することです。頭皮マッサージなどがそれですね。しかし、頭皮マッサージで改善しやすいのは女性の方が圧倒的に多く、男性の場合は改善が難しいという報告が寄せられています。

育毛剤を使い始めると(人によっては)今まで以上に抜け毛が増え始めるという現象が起こります。これは「初期脱毛」といい、薄毛・脱毛が改善される前兆である場合でもあります。

初期脱毛の期間はおおよそ1か月程度と言われています。そして、この期間が過ぎると抜け毛が改善されて発毛・育毛に転じるという訳です。

初期脱毛は新しい髪が弱った古い髪を破棄するような現象なのです。

初期脱毛は育毛剤の副作用のように思われるかもしれませんが、初期脱毛を怖がる必要はありません。育毛剤をそのまま使い続ける選択肢もあるという訳です。

 

その他、自衛策として考えられることは、シャンプーや

発毛剤を飲み始めると今まで以上に抜け毛が増えるといった現象が起こる場合があります。毛が生えることを期待して発毛剤を使用しているのに、逆に抜け毛がひどくなってしまっては意味が無いと考える方もいるでしょう。

この初期脱毛は薄毛・抜け毛が改善される前兆なのです。初期脱毛の期間はだいたい1ヶ月前後と言われており、この期間が過ぎると抜け毛が激減して発毛・育毛効果を実感できるはずです。

初期脱毛が起こるのは髪が正常なサイクルを取り戻そうとして休止期の髪の毛が一気に抜けてしまったからと考えられます。

髪は通常、成長期→退行期→休止期→脱毛というサイクルを繰り返します。薄毛の人の場合は成長期が短いため、髪が成長しきらない状態で退行期から休止期へと移り、休止期の割合が高くなります。

休止期の髪は抜け落ちるのを待っている状態のため弱々しく、細い毛ばかりになってしまうので薄毛が目立つようになるというわけです。

発毛剤により正常なサイクルに戻る過程で不要となった休止期の髪が抜けてしまうため、初期脱毛という現象が起きるのです。

初期脱毛は副作用と言われることもありますが、発毛剤の効果が出ている証でもあります。したがって、抜け毛が増えたからといって発毛剤を飲むことを止めるのではなく、そのまま飲み続けることが大切です。

トリートメントを頭皮に残さないということです。また、できるだけ早く髪を乾かすことも大切ですね。

とはいっても過度なドライヤーの当て過ぎにも注意が必用です。

自分が薄毛になっていることに気が付いたらまずは専門の医療機関に出向き相談しましょう。その際に食生活などの生活習慣について聞かれると思います。もちろん、不眠や食生活の乱れなどの生活習慣が乱れていれば、当然「そこの部分は改善しましょう」と指導されるでしょう。

また、睡眠時間についても充分に気をつける必要があるでしょう。

例えば、午後10時から翌日の午前2時は体内ホルモンが分泌される「ゴールデンタイム」と言われています。また、自然治癒力が活性化する時間帯だとも言われています。

ということは、午後10時から翌日の午前2時の間には睡眠に入っていることが理想的だといえるのです。

それでも、仕事などの関係で午後10時から翌日の午前2時に睡眠できないという方もおられるでしょう。そういう方は睡眠時間を確保することを心がけましょう。

初期脱毛のサインとなることとして「頭皮のかゆみ」という症状が報告されています。「頭皮のかゆみ」薄毛の初期症状の他に「頭を洗わない」「ポマードやヘアクリーム」などが原因となる場合もあります。

ということは、髪の毛を清潔に保つということがどれだけ大切かよく分かります。

基本的に頭は入浴の際は必ず洗うようにしましょう。頭を洗うのは毎日洗うのが理想的ですが、シャンプーをつけすぎない事も重要となります。シャンプーは「ノンシリコンシャンプー」が理想的です。

ノンシリコンシャンプーの存在は、市販のシャンプーに避妊剤が混入されているということを環境ジャーナリストの船瀬俊介氏などが告発し、現在ではようやく認知され始めてきています。ということで、ノンシリコンシャンプーの存在は、最近では市民権を得るようになりました。

薄毛に気がついたら徹夜で遊ぶような事は止めるようにして、「ゴールデンタイム」となる睡眠を重視した生活を優先するように心がけると良いでしょう。

とにもかくにも「鏡を見たり、友達などから指摘され「薄毛なのかもしれない」と気がついたら、一刻も早く薄毛治療の相談を専門医にすることをおすすめします。

薄毛治療に効果のある食事とは?

薄毛治療に効果的な食事とはいったいどんな食事がよいのでしょうか。食事は薄毛治療に大変重要なことです。

その前に抑えておきたいことは、食事は食べ過ぎに注意して、しっかり摂りましょう。また、ファストフードやスーパー、コンビニの食品は人体に有害な食品添加物がてんこ盛りなのであまりおススメはできません。

手間暇かけてでもなるべく自分で作るようにしたいものです。

 さて、本題です。

 昔から「海苔とわかめは髪にいい」と言われてきましたが、それは事実のように思われます。

 もちろん個人差はあると思いますが、海苔やわかめに含まれるミネラルは毛根の育成にたいへん効果があるということが分かっています。

また、ビタミンB群の含まれる食材は重要です。赤身の肉や、レバー、牡蠣などを選ぶと良いでしょう。

こういう言い伝えがあります。「食べ物で治せないものは医でも治せない」と。最近では抗がん剤ががんに全く効果がないばかりか、がんを自力で治そうとするNK(ナチュラルキラー)細胞までも死滅させてしまうということが分かってきています。

人間には「自然治癒力」という自力で病気を治す力を兼ね備えています。「自然治癒力」とは「ホメオパシー」ともいいます。

 風邪などにかかってしまっても、断食で治してしまう人もいるのです。そもそも風邪を治す薬はありません。抗生物質や解熱剤は、「対処療法」と言って、その場しのぎの応急処置にすぎません。

 しかし、薄毛治療は断食では改善されません。自然治癒力も薄毛には当てはまりません。

なので、食事が重要となるのです。

薄毛治療で有効な食べ物は亜鉛や鉄などを多く含む食品がそれにあたりますが、それらの食品の栄養素を効果的に体内に送り込むにはそれ以外の栄養素を摂取する必要があるのです。

 だから、「バランスのいい食事」が大切なのです。

 肉を食べるときは野菜も意識して食べましょう。やっぱり理想的な食事は「日本食」です。それでも心配ならば無添加の野菜ジュースなどを飲むようにするといいでしょう。

 野菜ジュースには「カルシウム」「葉酸」「鉄」「ビタミンE」「ビタミンC」「カルシウム」などの栄養素がバランスよく含まれているので、毎朝飲んでみりというのも良いかと思います。

 

薄毛治療に効果的なサプリメント一覧

薄毛治療に効果的なサプリメントについてお話させていただきます。薄毛治療において有効なサプリメントを摂取することは、食生活では補えない栄養素をバランスよく摂取するうえで大変効果的です。

薄毛治療に効果的な栄養素はビタミンB群です。ビタミンB群の中でもっとも効果的だといわれているものは、ビタミンB1、B2、B6、B12などがそうです。

その他、ビタミンC、ビタミンE、そして葉酸も重要です。またあ亜鉛、銅、マグネシウムといったミネラル類も忘れてはなりません。

それらのビタミンやミネラル類を吸収するのに手っ取り早い方法は「マルチビタミン」という選択肢があります。

しかしながら、サプリメントであればなんでもいいという訳ではありません。サプリメント商品として市販されているものの、そのほとんどが添加物まみれであったり、栄養成分の含有量が低い割には高価であったり、酷いものになると、単なるメリケン粉の塊同様のものも見当たります。

そのサプリがどれだけ信頼できるサプリなのかという点を確かめる方法はいくつかあります。

まず、自然の成分で作られているということです。自然から作られているものは、体内への吸収も効率的によいとされています。自然由来であるということは、私たちが普段食べている食事に限りなく近いということですので、副作用の心配も少なくて済みます。

自然な食品に近いサプリとなるとその分価格も高くなるのですが、余計な添加物による副作用の心配もありませんし、効果的に体内に吸収されるのですから、それに越したことはありません。何よりも安心できるということが重要なのです。

基本的に日本の栄養素の摂取基準は栄養の欠乏症にならないために設定されています。だからといって過剰に摂りすぎると人体に悪影響を及ぼすものもあります。

現在日本で市販されているサプリのそのほとんどはコスト面の問題で、そのほとんどは海外で生産されています。海外で生産する理由はコスト削減です。そのようなことをふまえて考えてみると、万が一のときの対応面では不安だらけです。

では、どのようにサプリを選んだら良いのか?と言うことになりますが、私たちにできることは原材料表示で確認することです。表示はJAS法で「多いものから表示する」と決められています。

表示欄の上の方に添加物の名前が多く並んでいる商品は成分よりも添加物の方が多いということが分かります。

サプリに使用される添加物のなかでよく使われる添加物は「乳糖」「ソルビトール」「ショ酸エステル」「甘味料(アステルパーム)」「香料」などが多いようです。

自然由来の成分を使っているものは「酵母」「乳酸菌」「大豆」「アセロラ」「〇〇エキス」「〇〇濃縮物」という具合です。この場合でも「遺伝子組み換えでない」ものが当然理想となります。

 

 

 

 

 

 

薄毛治療、最先端の治療法はこれだ

薄毛治療の最先端とはいったいそのようなものがあるでしょうか。ひと昔の意薄毛治療には眉唾物の詐欺まがいな宣伝が横行していました。しかし、現在は化学の進歩とともに薄毛治療は現実的なものとなって来ています。

薄毛治療といえば育毛シャンプーや育毛剤、飲み薬やかつら等、業界市場規模は4000億円を超えると言われています。

現在、AGAは男性で40代までの発生率は30%と言われ、全国では20~69歳の成人男性でおよそ1000万人が薄毛で悩んでいるという報告がされています。

AGAの治療では「プロぺシア」などの飲み薬が一般的ですが、育毛の再生において、直接頭皮に成長因子を注入する方法も効果があるとも確認されています。

ここ数年の育毛治療で最先端と言われているもののひとつに「HARG(ハーグ)療法」というものがあります。

これは注入された成長因子が活性を失った毛母細胞に直接刺激を与えて育毛を促すという治療法です。しかしながら、この注入方法は直接頭に注射針を数か所に刺すので激痛を伴うものです。そのあまりの痛みに耐えられなくなり、治療を途中で断念する患者が後を絶たないということで、新たに登場したのが「ノンニールドガンHARG」です。

そもそも毛根自体を活性化するためには、直接頭皮に成長因子メソセラピー(医療薬を注射器で直接体内に注入する治療法)が効果的だと言われていますが、それだけでは悪さをするホルモンの暴走は止められません。

つまり、メソセラピーと同時に内服薬の服用も必要と言えるのです。とはいうものの、内服だけでは薄毛の予防にはなるものの、活性化を失った毛根に対して再生を誘発する効果はありません。

内服と言っても毛周期を整えるだけでも2か月はかかります。発毛の促進作用を期待するには、最低でも半年は飲み続ける必要があります。

また、内服薬と並行してメソセラピーを行うことが最も望ましい薄毛治療と言われています。

「ノンニードルガンHARG」は従来の頭髪治療のような注射針を使わずに薬剤を注入できるため、恐怖心は最小限に抑えられます。

成長因子にはさまざまな種類がありますが、毛根再生に有効な成長因子(ケラチン細胞増因子・幹細胞増因子・インスリン様成長因子など)を注入し、薄毛治療や発毛を促進します。

 

 

 

 

薄毛治療の評判は?本当に改善するの?

今回は薄毛治療の評判についてお話させていただきます。薄毛治療と言ってもさまざまな治療方法がありますが、ここでは一般的な評判について述べることにいたします。

その前に「薄毛治療は本当に改善するのか?」ということですが、薄毛治療を始めてから効果が表れるまでに個人差があるので、効果を実感することも個人差があるでしょう。

当然、薄毛治療を始めてから効果が見込めるまでにはある一定の期間が必要になります。それが1か月程度なのか、あるいは半年以上かかるものなのか、それはご本人と薄毛治療の方法が適切なものであるかという点も見過ごせません。

評判についてですが、そもそも評判というものは主観的な判断の集大成です。したがって、この「評判」はそれぞれの個人的な意見の集合体だということを踏まえてお話いたしますが、評判は悪くはないようです。

以前の薄毛治療は、怪しい業者の存在が多かったので、詐欺まがいの被害に遭遇してしまった人も少なくはありませんでしたが、最近は随分効果的な育毛治療の薬剤が出てきているので「薄毛が改善した」という報告が多く見受けられるようになってきました。

それでも、育毛改善薬品が体質に合わなかったり、生活習慣の改善をおろそかにしていたり、治療薬を適切な量で使用しなかったりなどで、副作用の弊害が報告されるケースもあるようです。

再度申し上げますが、インターネットの一方的な評判だけを必要以上に鵜呑みにするのはどうかと思います。正当に判断するためには、賛成意見と反対意見の両方を見て「自分にはどうあてはまるのか?」ということを冷静に吟味すると良いでしょう。

これは薄毛治療に限った話ではありません。政治のこと、恋愛のことなど、あらゆることにも言えることです。

直感に従うという方もおられますが、現代は情報化社会です。下手な思い込みを捨てて、バランスよく情報を収集し、冷静に判断し結論を導き出すことが賢明なのです。

AGA治療にリスクはあるか?

AGAの治療にリスクはあるのか?ということですが、AGAの治療で考えられるリスクというのは薬剤の副作用が挙げられます。そもそも化学的に作られたものには必ず副作用があります。薬というものには例外なく副作用があるものです。

なので、治療薬を使う前に、「その薬にはどのような副作用があるのか?」ということをご自身で知っておく必要があります。

また、副作用というものは人それぞれにあらわれるものなので、その副作用が自分にどのようにあらわれるかということは千差万別なのです。

副作用は、治療薬を服用してからすぐにあらわれる場合と、使い続けてからしばらく経ってからあらわれることがあるので、治療薬を使い始めたらご自身の体調の変化を記録しておくとよいでしょう。

そして、治療薬を使い始めてから何かしらの変化や何かしらの兆候が見られたら直ぐに担当医に相談しましょう。

さて、「副作用のダメージをどのようにして最小限にとどめるか?」ということを考える際に重要なのは、服用方法・服用量を守るということです。治療薬の場合は、一日一錠の服用と言われていますが、飲み忘れてしまうのはともかく、飲む量を間違えてしまったりしますと、それだけ副作用のリスクは顕著に高まります。これは他の薬も同様です。

何事にも適量というものがあります。なので、服用量はしっかり守りましょう。

特に気をつけておきたい副作用は、女性は妊娠中の女性が胎児に与える影響があります。妊活中の場合はその事を担当医にしっかり伝えましょう。ちなみに、妊娠中の女性はレントゲンも禁避です。男性は性欲が低下するケースがあるようですが、これは個人差があるようです。

その他に、治療薬の副作用で気をつけたいことは、ジェネリック薬品の使用です。

ジェネリック薬品は同じ効用で低価格と言われていますが、まったく効用だとは限りません。これは他のジェネリック医薬品も同様ですがAGAのジェネリック医薬品の場合、検査基準の甘い海外の薬であるということが主な利用のようです。

 

せっかく効果的な治療のチャンスがあるのに、安易な自己判断で失敗しないように副作用のことはなるべく早い段階で担当医や専門の第三者などに相談して、副作用については充分に留意しておくようにしましょう。